レッグマジックXについて

美脚マシーンとして人気が在るものにレッグマジックXというのが有ります。

 

1回に単に1分間だけ足を開閉する運動をするだけで、太ももやお尻、ふくらはぎという下半身の気になる所は無論、下半身全体を引き締めてシェイプアップして行くというエクサイズマシーンです。

 

テレビの通販番組から火が付き人気を集めています。

 

愛用者にはモデルや女優として活躍を通している田丸麻紀さんもいると言いますので、美を意識している人が使っていてずいぶん効果が期待出来る様なエクサイズマシーンだと思います。

 

元々はレッグマジックという名前でしたが、一層改良を通して進化されたものがレッグマジックXとして登場しました。

 

 

 

では、このレッグマジックXにはいかなる効果があるのでしょうか。

 

大きな特徴としては1回に1分間だけやれば可愛いという手軽さに有ります。

 

それを1日3回位やれば有難いという事ですので、単なる時間にちょこちょことやる事が出来るのです。

 

そうする事で太ももの内側や外側、ウエスト周り、ふくらはぎが鍛えられて赴き、綺麗で引き締まった脚ライン、ヒップラインを手に入れる事が出来ます。

 

特に内でん筋やハムストリングス筋と言った普段のトレーニングでは鍛えられにくい筋肉もレッグマジックXによって刺激され鍛える事が出来ますので、ずいぶん効果的に鍛えられます。

 

それがわずか1回あたり1分間という少ない時間でもらえるのですから、効果としては絶大でにじみ出ると言えるでしょう。

 

レッグマジックXの組み立てについて

 

お店からでも通販からでもレッグマジックXを購入してきた際には、最初に組み立てをしてから使わなければなりません。

 

組立と言っても簡単なものですのでどうしてもにくく考える必要は有りませんが、注意をしないと思わぬ怪我をする事になります。

 

レッグマジックXはペダルをスライドさせて行うエクササイズになります。

 

本体を立てたり開いたりするちょいちょいペダルがスライドして指を挟んでしまう兆候が有りますので、その点を注意して建てる様に下さい。

 

 

 

その他には特に注意する様な事はざっと有りません。

 

本体の足元部分を支える所にネジ止めを通じている部分が3ヶ所程有りますので、ネジを止めてください。

 

その後は、たたまれている状態から広げて、その上にハンドル部分を縦に差し込めばレッグマジックXの完成になります。

 

大体10分位で作業は終了すると思いますので、購入してきたらさくっとレッグマジックXでエクササイズをする事が出来ますよ。

 

このハンドル部分は高さ調整が出来る様になっています。

 

その為にご自分の身長によってエクササイズをする事が出来ます。

 

また、扱う時折足を開くだけの幅を必要としますが、使わない時折コンパクトに畳んで収納する事が出来ますので、あまり場所の事は気にする事はないでしょう。

 

 

 

総じて簡単に始める事が出来るのがレッグマジックXの特徴でも有りますので、説明書を見ながら望ましい組み立て方、注意もしながらその後のエクササイズを頑張っていきましょう。

 

 

 

レッグマジックXを使う前に活かし方を学ぼう

 

良いエクササイズをする為には良いやり方をちゃんと知っておく必要が有ります。

 

レッグマジックXの使い方についても同様です。

 

レッグマジックXを購入した際に手引きとDVDが付属で付いてきます。

 

それが分かりやすく解説していますので見ながら把握して出向く必要が有ります。

 

 

 

DVDはレッグマジックXの使い方と言うよりは一緒にエクササイズによっていきましょうという感じになっています。

 

再生してみると外人女性の方がレッグマジックXに乗って一緒に用い方を指示してくれる様になっています。

 

だいたい20分弱位のDVDですが、中それでは一緒に乗って時間を計ってくれて、エクササイズを楽しみながら出来る様な構成になっています。

 

更に、レッグマジックXでのエクササイズが終了したら、レッグマジックXから降りて、ストレッチをする等、一連のエクササイズを一緒に出来ますので、如何なる運動をしたら良いか思い付かという方でも簡単にレッグマジックXが使える様になります。

 

レッグマジックXだけだと飽きちゃいますし疲れちゃいますから多々織り交ぜてやるのは良い事ではないでしょうか。

 

 

 

あんな使い方の手引きが付いていますから誰でも簡単に効率良しエクササイズをする事が出来ます。

 

テレビのイメージだけでまさに説明書を見ないでエクササイズをすると、結果的に間ことなるやり方で効果が徹頭徹尾上がらないという結果になってしまうので、最初に注ぎ込み方を見て、正しい使い方で効率よくエクササイズが出来る様に下さい。