自閉感を多少なりとも緩和するための運動

自閉症を改善するために筋肉を塗りつける運動を通して下さい。
仮に自閉症として鬱陶しいなら「一時緩和」の運動があります。
それは、「声を出してアフレコの練習をすることです」。
アニメのアフレコ収録と同じ流れで自分の感情表現をするための運動をします。

 

それでは、柔軟体操を通して外の空気にふれて下さい。そうして、体力トレーニングをチラホラつづけます。

 

そのあとに、呼吸法のトレーニングをします。一層進んで、
腕力を重視したトレーニングを通していきます。これは「体力と気持ち」の両方を
バランスよく鍛えて行く訓練の基礎です。

 

1.土手沿いを走り抜けこむ
2.さんぽを日課にする
3.柔軟体操をする
4.入浴を1日2回は実施する
5.声を出したり表情筋を鍛え上げる
6.動きやすい軽々しい服装にする
7.体の筋肉の余計な力を取り外す(こわばりが抜けてリラックスします)

 

この一連のながれを続けていくことで自然と筋肉は回復していきます。
日常のなかで筋肉を使わない状態が長く貫くようであれば呼び覚まして鍛えましょう。
筋肉は自然とついてきます。勝手に筋肉が付くことは内容ですが、気持ちを切りかえると自然と筋肉はついてきます。
当然ながら結果もついてきます。
いまからでも眠っている筋肉を呼び覚ましてみませんか?ほぼ嬉しいことがあるはずです。
いかがですか。これは、私の実体験から話しているので個人差は非常に大きいと思います。
必ず大勢に知ってもらえるとありがたいとおもいます。
ぜひ参考になさってください。

 

 

くの字腹筋も筋肉を強めるためには効果的でした

肺活量による筋肉のつけかた
筋肉を附ける方法に肺活量による方法で筋肉を塗りつけるやり方があります。
「ふー」と凄まじく息を吐き出して「スー」と息を取りこみます。
この呼吸方法を繰り返して肺活量を調整しながら「腹筋」をきたえていきます。
腹筋を鍛え上げることで自身の肺活量や胃の筋肉を鍛えて行くことができます。
1年ほど続けると確かに実感出来るほどまでに成果は生まれるようです。
肺活量を利用して呼吸を合わせて「喉」の筋肉と「腹筋」をつけて弾力ある身体としていきましょう。

 

私が聞いたはなしになりますけど、くの字腹筋で外郎売を読むとなんだか腹筋が鍛えられるみたいです。
まさにためしたことは無いんですけど「くの字腹筋」が効果を発揮するのだそうです。
土手っ腹に力をいれて空気を吐き出すようにして「ふー」と吐き出すことを繰り返します。

 

身体をあおむけに寝た状態で両足をそろえて直立させるストレッチがあります。
これで自分の腰が「L字」に折れているのが聞こえるはずです。
この状態から前方向にかけて両足を倒していきます。
すると、えびぞりのようになっていきますから姿勢を維持してややキープです。
何度か繰り返して腰と背中の背筋が全体的にほぐされるのとごつく鍛えられて行くのが頷けるはずです。
次いで、ほかには両足を開いて床に陣取る方法でストレッチをします。
右に身体をなぎ倒しながら両手を伸ばして脇のしたも伸ばします。
左右交互に繰り返していきましょう。
このわずかな動作が筋肉を塗る方法として役にたちます。

 

 

激しい筋肉をつくりませんか?

強くて固めに強める

 

両手のバーベル2つを一気に持ち上げ交互に降ろして出向く方法で鍛えます。
固い筋肉にするために何度も両手で交互に繰り返し2~5時間は続けます。
体重を計りながら鏡で身体の様子を見ながら自分のボディイメージを構成していきます。
シャドーボクシングものの鍛え方もありますからスタンドミラーで全身をみながら、自分の切り回す筋肉の位置と形をイメージしてトライします。
手や足が動くイメージを描きながら鏡で動きを確認して動作を続けます。
長期間にわたって繰り返したけっか筋肉がつくという方法です。
これは、初心者の方にも簡単にふりだしられるものだから一旦おためし下さい。
サンドバッグを叩くことも拳や筋肉を鍛え上げる方法になります。
体の重心を意識しながら自分の動きをイメージします。
手っ取り早く打つ方法やゆっくりと打つ方法で繰り返し手首を強める感じで叩きます。
そんなふうにすることである程度は完成度の高い筋肉を造ることができます。
私のトレーニングで一番よかったのは腕立て伏せでした。
これは小学生のころから続けていたもので効果がよかったので今も実践しています。
真に訓練を積み重ねることが何よりも大切で継続する意識を強く持ち積み重ねることが必要だと思います。無理に実行するのではなくて少しずつ積み重ねることです。
積み重ねる気持ちを捨てなければ成功します。
金属製のバーを両手で褒めちぎる運動も効果があってスクラップの鉄くずをダンベルの代わりにしたりリュックにつめて重みを増して筋肉に負荷をかける練習にも
使えます。