ヨガのポーズで憂さ晴らし決める!

パソコンが普及してから久しくなりますね。
日常的にパソコンを使っていると気づかないかもしれませんが、至極体に負担が掛かることを知っておきましょう。
また、パソコンメールを使っている人の時折、携帯メールの入力が苦手な人もいるかもしれません。
パソコンよりも入力に時間が要るため、ジリジリすることがストレスになることもあるからです。

 

このように、文明の機器によっていると、知らない間にストレスが蓄積する場合も少なくありません。
また、パソコンの前に座ったままの姿勢や、携帯端末を探るためにうつむいた姿勢を続けると、体に変調をきたしてしまいますよね。
そうならないためには、思い切って憂さ晴らしすることをお奨めします。

 

心身をリフレッシュする方法にはいろいろありますが、自宅で簡単に出来るヨガのポーズがお奨めです。
ヨガをするときは体調をみながら積み重ねることが理想的ですが、自分のライフスタイルによって、無理なく実践出来るメリットも大きいですよね。

 

ヨガのポーズがお奨めの理由として、各種ポーズによって、ゆっくりと呼吸することが挙げられます。
ヨガで最も大切な要素は「呼吸法」と「正姿勢」だと言われていますが、両者は密接な関係にあります。
つまり、規則正しい呼吸をするためには、おのずからふさわしい姿勢が必要になるからです。

 

ヨガの呼吸法は、日常生活の中でストレスが高じて、感情が不安定になっているときなどにお奨めです。
悠々呼吸をすることで憂さ晴らしができ、心身のリフレッシュにつながることが期待できます。

 

 

素朴な疑問!ポーズの意味とは?

ヨガには各種ポーズがあり、名前によってイメージできるものも少なくありません。
また、そのポーズをするまでには一連の動きがあるのですが、どういう感じになるのかは動画を確認するとわかりやすいですね。

 

ヨガを紹介する動画には、動作と同時進行でナレーションやスーパーが入っているものも数多くみられます。
そのため、経過がわかり易いほか、全体の時間が把握しやすいメリットがあるのではないでしょうか。

 

「太陽礼拝のポーズ」は大変有名ですので、こちらを例にお話したいと思います。
「太陽礼拝のポーズ」の一連の動きには複数のポーズがあり、そのままでいくぶん居座る箇所もみられます。
基本的流れは同じようですが、約2分で紹介されている動画もありますので、ペラペラ比較すると良しかもしれませんね。

 

これまで、何気無く「ポーズ」という表現を通してきましたが、この言葉の意味について、あんまり練ることがないかもしれません。
因みに、ポーズの意味には、中止・休止のほか、一時停止、意識して盗る姿勢などがあります。
アスリートの「ガッツポーズ」は代表的存在ではないでしょうか。

 

ヨガの呼吸法は鼻呼吸が一般的です。
また、ヨガのポーズや動きを取りながら呼吸する点にも特徴がみられます。
つまり、ヨガをするときは一連の動きのなかでポーズを決める、つまり、動きを控えることがポイントになるようです。

 

なお、ヨガに関する表現として「リラックス」や「リフレッシュ」という言葉もでてしまうが、それらの意味についても調べてみると良いかもしれませんね。

 

 

朝にお勧めのポーズ

朝は1日の始まり!元気でスタートしたいですよね。
そのためには、自律神経のひとつ「交感神経」を働かせることが大切なポイントです。
体を目覚めさせるヨガのポーズが注目されている理由もそこにあります。
因みに、自律神経には交感神経と副交感神経とが存在しますが、副交感神経には心身をリラックスさせる役目を持ち歩いています。

 

ヨガのポーズとして、床の上で仰向けやうつ伏せで立ち向かう方法が知られていますが、朝にお奨めの「三日月のポーズ」(三日月の伸びのポーズ)は、仰向けで行なう代表的存在です。

 

こちらのポーズでは、両手を組んで裏返した状態で高所に持ち歩いていきます。
また、体を上下に伸ばしてから、楽に緩める点に特徴があります。
伸びる方向は、上下だけでなく左右方向も含まれます。
手足をおんなじ方向に引き伸ばすことから、その形に「三日月」のイメージがあるのかもしれません。

 

三日月のポーズは仰向けで立ち向かう方法だけでなく、イスに腰掛ける方法や立って行なう方法も紹介されています。
立つときは、背伸びをする場面をイメージするとイメージしやすいかもしれませんね。
また、各種ポーズの三日月がありますので、ウェブの画像や動画で探すとよいでしょう。

 

なお、朝のヨガでは就寝中に硬くなった体を解す働きが期待されます。
そのためには、ゆったりとした気分になれる環境づくりを心掛けましょう。
老廃ものを体外に生み出し易くするためにも、ヨガは朝食前に行なうことがポイントです。
また、朝食をしっかり含めるためにも、早起きすることをお奨めします。