脂肪燃焼効果・脚やせの効果抜群の水泳

 

有酸素運動は脚やせ対策として効果的ですが、その中でも脂肪燃焼効果の高い運動が「水泳」です。

 

水泳は、水中で抵抗を受けながら水中で行われる運動であるため、陸上で行われる運動よりもはるかに多くのカロリーを消費します。

 

水圧で血流を促進・脚やせに効果的

 

また、体に水圧がかかるため、走っている血管を圧迫することができます。

 

適度な圧力の体で、血流を促進し、基礎代謝を高め、体の内側から痩せた体質に導きます。

 

また、水中で浮力が適用されるため、体重が軽く感じられ、なくても楽しく運動を続けることができます。

 

タイプ別脚やせ対策のための水泳・平泳ぎとクロール

 

水泳には主に4つのタイプがあり、それぞれがこれは完全に異なるため、使用する筋肉と消費カロリーも異なります。

 

たとえば、臀部、太もも、ふくらはぎの筋肉を使うのはクロールと背泳ぎです。

 

両手を使って水をかき出す平泳ぎは、胸の筋肉と上腕を鍛えます。

 

手足のさまざまな筋肉を鍛えることができます。

 

脚やせの対策として泳ぎたいなら、平泳ぎができればいいでしょう。

 

クロールは、常に脚を動かして前に進むため、下半身の整形に効果的です。

 

また、臀部の筋肉を利用して腰を上げ、腹囲を引き締める効果もあります。

 

クロールだけでも足が細くなる対策になりますが、クロールを続けるのは難しいので平泳ぎを取り入れることをお勧めします。

 

平泳ぎは泳ぐのが遅いので、クロールよりも消費カロリーが少ないですが、エネルギーをあまり消費しないので、長時間泳いでも疲れないというメリットがあります。

 

また、足がカエルのように蹴り出されるので、日常生活では使わない太ももの内側の筋肉を鍛えることができます。

 

 

 

脚やせの対策の水泳は20~30分水中歩行も

 

水泳で脚やせの対策をしたい場合は、脂肪を燃焼するまで少なくとも20~30分間続ける必要があります。

 

ただし、30分以上泳ぎ続けることは、初心者にとっては非常に難しい場合があります。

 

その場合は、クロールを10分ほど泳いだ後、そのまま水の中を歩き、ゆっくりと平泳ぎを10分、もう一度クロールを10分して、泳ぎ方を変えるか歩きます。

 

止まることなく長く続けることを考えましょう。

 

水泳が苦手で泳げない場合は、水中を歩き続けるだけで脚が細くなる効果が期待できます。

 

歩いている場合は、少なくとも30分間続けます。

 

「脂肪燃焼効果・脚やせの効果抜群の水泳」まとめ

 

足痩せのためもトレーニングで有酸素運動を取り上げています。

 

今回は水泳にターゲットを絞ってお話ししてみました。

 

水圧のある水中では運動をしても膝や肘などの関節に負担が来ないで全身の筋肉や関節を使う全身運動を効率的に行うことができます。

 

脚やせのためには筋トレやストレッチなど色々なエクササイズが必要ですが水泳をできる環境がある人はぜひチャレンジしてみてください。

美脚脚やせのために