体への負担

体への負担

半身浴はその名の通り、体の半分である下半身部分だけをお湯に浸かるという入浴方法です。

 

半身浴が体にとっていいとされているのには理由があります。

 

普段なにげなく浴槽に混ざるとき、私たちは肩までお風呂に浸かります。

 

この状態で入浴している体には約520キロもの水圧がかかると言われています。

 

これはお湯の中に首まで浸かった場合でウエストが3cmから5cm、胸囲では約2cm縮むくらいの圧力ということになります。

 

体にこれだけの圧力を受けるため、体内の血液がいっせいに心臓に向けて戻っていきます。

 

そのため心臓が拡大してしまい肺にも大きな負担がかかってしまうのです。

 

 

これが半身浴にすると、この圧力を体に見張ること無く心肺機能にも負担を見張ること無く入浴できるのです。

 

重力によって下半身にたまった血液も水圧で心臓に戻して体を横にしたのと同じくらいの安全な状態を保つことができます。

 

そのため半身浴は体への負担が少ないので、ゆっくりと長時間入浴することができ、体を芯からあたためることができます。

 

芯から温めたホカホカの体は、湯ざめもしにくいため、肩こりや冷え性なども軽減することができます。

 

 

半身浴に効果的なお湯の温度は38℃から40℃くらいです。

 

それよりも悪い温度は不快温度となってしまいます。

 

逆に熱い温度のお湯の場合交感神経を刺激してしまい高血圧の人にはお奨めできません。

 

お湯の温度によっては体に反応が出てしまうことがありますから注意が必要です。

 

 

 

体の冷え

 

半身浴の効果の中に体の冷えを改善する効果があることがわかっています。

 

体が冷えると様々な病気の原因と繋がるということでよくないとされています。

 

まずは体が冷えると具体的に何がいけないのか見て行きましょう。

 

 

私たちの体の中には様々な細胞があります。

 

これらの細胞がよろしい状態で活動して健康、美容を保つためには、私たちの体温が36.5℃から37℃程度が一番すばらしい状態だとされています。

 

そのため私たちの体は温度調節をするために、暑いときには汗をかき、寒くなったら血管を収縮させて体温保持を図るようにできています。

 

また食べものを消化したり、体の筋肉を取り回したりするのには酵素が使われています。

 

この酵素を活発的に活動させるにも36.5℃前後が一番いいとされています。

 

体を冷ますとエネルギーを誘い込む力が弱くなり、老廃ものも排出できなくなり、これが病気の原因となるのです。

 

また血液の流れも悪くなって体内にうまく栄養分や血液が赴きわたらなく繋がるため体の機能の働きを悪くしてしまいます。

 

 

冷え性が原因によって生じる病気としては、アトピーなどの皮膚疾患や喘息などの呼吸器疾患。

 

生理痛や月経困難症、子宮筋腫などの婦人科系疾患、便秘や下痢などの胃腸関係の疾患。

 

頭痛や肩こり、糖尿病や腎臓病や肝臓病そうして癌などにも関係していると言われています。

 

この病気の温床とも当てはまる体の冷えは半身浴を行なうことで、改善あるいは予防出来るということで今、半身浴が注目されているのです。

 

 

注意点

 

半身浴を立ち向かう際にいくつか注意しておかなければならないことがあります。

 

第一は水分補給を行なうこと。

 

そうして第二は半身浴を立ち向かうタイミング。

 

そうして第三は薬を飲んだ時の対応についてです。

 

 

半身浴をすることで、十分汗をかくことはお知り頂けたと思います。

 

汗をしっかりとかくと言うことはそんなに体の中から水分がなくなってしまうということだから、それを補って充分水分補給を立ち向かう必要があるということです。

 

水分補給を半身浴する前後に行うのももちろんいいのですが、半身浴をしているときに盗ることも大切です。

 

汗と一緒にビタミンやミネラル分も体から放出されます。

 

そのため半身浴をしているときどき、スポーツドリンクで水分を補給すると一緒にこれらの成分もまかなうことができます。

 

一番好ましい水分補給の方法は、半身浴の前、中、後と三回行なうことです。

 

 

半身浴を立ち向かうタイミングとしては、体調が小さいときには避けた方がいいです。

 

半身浴をすることは軽々しい運動をするのと同じなので、風邪をひいて体がだるいときなどに行っても体に負担を用いるだけです。

 

また女性の場合、生理中なども避けた方がいいと思います。

 

食後直ちに行うのも避けた方がいいです。

 

食事をした後は、食べたものを消化しようとして体内の血液が胃腸に集中しています。

 

半身浴をするとこの血液が全身に流れ出すため消化不良を起こす危険性があります。

 

食後30分以内の入浴は避けた方がいいと思います。

 

 

そうして薬を飲んで直ちに半身浴を立ち向かうことは避けてください。

 

お酒を飲んだ場合もそうですが、薬を飲んだ直後というのは血圧が壊れ易いです。

 

この状態で半身浴を行うと体に負担をかけてしまうので危険です。

 

基本的には薬を飲んでいるときは、体調を考えながら注意して入浴するようにください。

 

 

 

 

ぬるま湯の理由

 

なぜ半身浴をするときにはぬるま湯に混じるのか、寒い冬などは体が冷えてしまうと想う人もいるかもしれません。

 

私たちの体には自律神経があります。

 

自律神経の働きは血管を広げること、収縮させることです。

 

私たちが活発に活動すると交感神経というものが働きます。

 

交感神経が活発になってくると、血圧が上がってくるので全身に血液が巡っていきます。

 

ただしその反対で副交感神経が活動していると、私たちの体はリラックス状態になっています。

 

 

入浴の際、熱いお湯にして入ると交感神経を活発にさせることになります。

 

そのために体の新陳代謝が活発になって、全身に血がめぐるので頭にも血が巡ってすっきりとした気分になります。

 

そのためすっきりと目を覚ましたいという人の場合は、熱いお湯に少し2、3分入浴するのがいいのです。

 

但し高血圧の人は熱いお湯は避けてください。

 

その反対で入浴中にリラックス狙う、疲れた体を癒したいという人の場合は、ぬるま湯に使って半身浴をすることで副交感神経を刺激することになります。

 

そのため体をリラックス状態にすることが出来るのです。

 

ぬるま湯ならば急激に心拍数が昇ることもありませんし、血圧が急激に上昇してしまうこともありません。

 

そのため心肺機能に障害がある人でも安心して入浴することが出来るのです。

 

 

その上ぬるま湯の場合は、長時間お湯につかっていることが可能それで、体を芯からあたためることが出来るのです。

 

夏場にオフィスなどで一日中エアコンにあたっている人などは体が冷え切っていますから、半身浴をすることをお進めします。