座ったままの脚やせトレーニング

 

脚痩せ対策のために、座ったままでできるトレーニングがあります。

 

パーツごとの対策をご紹介しますので、椅子に座ってトレーニングしようとすると、脚全体が綺麗なラインになります。

椅子に座って腹筋運動

椅子に座って「腹式呼吸」を行い、腹筋を強化します。

 

背中から行う腹筋運動よりも簡単で、ストレスが少ないので継続も簡単です。

 

あなたはどこでも、腹筋をいつでも訓練することができますので、また、仕事中や通勤電車のなかでも、カフェに行く場合でも、人に気づかれずに出来ます。

 

 

椅子に座って複式呼吸

 

効果的な腹筋の方法は、椅子は浅く座って、背筋をしっかりさせて呼吸を整えます。

 

息を吐き出し15秒キープし、息を吸って15秒キープします。

 

口からと鼻からの呼吸を気持ちいい程度に整えます。

 

無理に何秒吸ってはいてとガンバル必要もありません。

 

心地よく呼吸を整えるのです。

 

椅子に座りながら太ももの運動

 

太ももを座りながら鍛えます。

 

太ももに効果的な「足踏み」がおすすめです。

 

背筋をきちんと伸ばします。

 

両脚の膝を付け、脚で足の裏もしっかり床につけます。

 

次に、手のひらを両太ももの筋肉を抑えて、太ももが外側に開くように力を入れます。

 

そして、太ももは外側に開かないように、内側に力を入れて膝を抑えます。

 

この状態で、左右の脚の足踏みをくり返します。

 

足のつま先は付けたままです。

 

この足踏みのトレーニングを10回を1セットで5セット行いましょう。

 

座りながらペットボトルでトレーニング

 

ふくらはぎに効くトレーニングです。

 

まず、水を入れた2リットルのペットボトルを準備します。

 

つま先を立てて膝が直角になるように座ります。

 

膝に上に水の入ったペットボトルを置きます。

 

手でふくらはぎをほぐします。

 

次に、つま先を立てたま、かかとをゆっくり下ろしていき、床に付く直前で再び上げます。

 

この運動を15回を1セットとして、2セット行ってください。

 

重りが軽すぎたりする場合は、ペットボトルの水を調整してください。

 

ふくらはぎに事前のマッサージをすると効果的です。

 

また、運動後にも軽くマッサージをするとリンパの流れが良いうなり、むくみや疲れを防いでくれます。

 

まとめ

 

脚痩せのためのトレーニングを取り上げています。

 

足パカ運動やスクワット、寝ながらのストレッチなど簡単な方法が沢山あります。

 

今回は、椅子に座ってのトレーニングを取り上げました。

 

呼吸を整えたり座りながらの筋トレ、ペットボトルを活用した方法をまとめてみました。

美脚脚やせのために