半身浴の方法

半身浴の方法

簡単に行なうことが出来る半身浴ですが、規則正しい方法で立ち向かうことによって、汗のかき方、体の温まり方が違います。

 

半身浴の規則正しい方法でほんとにポイントとなるのが、体のどこの部分までお湯に附けるかです。

 

基本としては、体のみぞおちから下をお湯につけて、腕は浴槽から出します。

 

 

半身浴をするときのお湯の温度としては、38℃から40℃くらいに設定しておきます。

 

普段入浴しているときよりも、ちょっぴりぬるいなと受けとるくらいの温度です。

 

40℃以上の高温にすると心臓に負担が増えるため注意が必要です。

 

そもそも半身浴は体をゆっくりと温めてじわじわと汗をかく方法なので、汗をかき始めるのに20分ほどかかります。

 

 

腕をだしているので、肩などが寒いと感じたら肩からタオルをかけるといいです。

 

このときタオルは乾いたものを使ってください。

 

お湯でしぼったタオルを掛けると、タオルが冷たくなっていくのと同時に体の体温が吸収されてしまい体が冷えてしまうからです。

 

 

いまひとつのポイントとしては、半身浴を立ち向かうタイミングです。

 

食事をしてアッという間に半身浴することは避けてください。

 

食事をした後は、食べたものを消化するために盛んに内臓が動いています。

 

このときに入浴してしまうと体に負担がかかってしまいます。

 

また満腹のときに半身浴をすることも避けてください。

 

 

半身浴をする時には、お風呂用のいすを扱うなどして姿勢や湯量を調節すると入り易くなります。

 

半身浴をしている間の姿勢が負担にならないことが大切です。

 

 

 

半身浴をしている間の過ごし方

 

半身浴をしている時間は20分あるいは30分ほどありますから、その間はゆっくりリラックスタイムとして寛げると思います。

 

ただしお湯に浸かってただ座っているだけだと何もすることがないから退屈と憶える人もいるかもしれません。

 

最近はお風呂で使える防水グッズもたくさん出回っていますから、色んなアイテムを浸かって半身浴を楽しむのもいいと思います。

 

少しの工夫で快適な半身浴タイムを楽しむことができます。

 

 

半身浴しながら、スキな音楽を聴いたり、スキな本を読んだりしてゆったりとした時間をやり過ごすことで日頃の忙しさを忘れてリラックスできる贅沢な時間を過ごせます。

 

他にもマッサージジェルやマッサージクリーム、バスソルトなどのバスグッズを使ってマッサージをして、ピカピカな肌に達するのも簡単なエステ感覚で喜べると思います。

 

毎日の半身浴タイムでケアを行なうことで、その効果も高くなると思います。

 

普段読もうと思っていて何となく読めなかった本がある人、やらなければいけない勉強がある人などかなりできないことに手を附けるのも貴重な半身浴タイムの話し方だと思います。

 

半身浴タイムを快適に暮すことで、体だけではなく心もリフレッシュすることができるからです。

 

但し夢中になって半身浴の時間を長くしすぎないように気をつけて下さい。

 

体に負担がかかってしまいます。

 

一度に集中して長く行うのではなく、少しずつでも毎日継続して行なうことが大切なのです。

 

 

 

足湯

 

なかなか自宅で半身浴する時間が薄い人、入浴できないとき、簡単に半身浴効果を得たいと思っている人にお薦め望むのが「足湯」です。

 

足湯でも半身浴と同じ効果を受け取れることができます。

 

しかも半身浴よりも簡単で手軽なのが魅力です。

 

 

足湯では足の先をお湯に入れて温めます。

 

足の先をあたためることで血液の巡りがよくなります。

 

そのため冷え性を改善する、疲労回復ができるなどの効果を受け取ることができるのです。

 

他にも足湯には肝臓への負担を和らげて受け取る効果があります。

 

そのため内臓の疲れを解消し、体のむくみも解消することができます。

 

足湯をすることで自律神経の働きも良くなりますし、女性の場合生理痛などの症状を軽減することもできます。

 

 

足湯のやり方としては、足のくるぶしまで浸かることができる大きさの容器を用意します。

 

そこに42℃くらいのお湯を入れます。

 

準備ができたら足をいれて、7、8分足を浸けます。

 

お湯が冷めてきたら、温かいお湯を途中で足して温度調整します。

 

全身浸かるわけではないので、全身をきれいにすることはできませんが、半身浴にほど近い効果を簡単に受け取ることができます。

 

 

半身浴では下半身を温めますが、足湯では足先だけを温めます。

 

暖める部位は違いますが、どちらも体の血行を良くして健康、美容を増進することができる方法です。

 

半身浴の場合、体調によってやめたほうが相応しいときもあります。

 

但し足湯の場合は足を浸けるだけなので、如何なる体調のときにでもやりやすいというメリットがあります。